BLOG

スタッフブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. お知らせ
  4. 農薬散布 in 北海道!!

農薬散布 in 北海道!!

皆様、こんにちは。今回は長期出張で1ヶ月北海道へ農薬散布を行ってきました!!

農薬散布用のドローンは当スクールでも開講しているJUIDAの認定証とは別のもので、メーカーごとの認定証が必要になります。こちらの詳細については、次回ブログにアップさせていただきますのでお楽しみに!

さて、農薬散布は基本的に朝一番からの作業となります。理由としては散布シーズンは夏真っ只中のため、熱中症予防も含めて涼しい時間に作業をしたいというのと、午後になるにつれて気温が上がり「風」が出てきてしまうため農薬が流されてしまい、他の農作物などに影響が出る可能性が高くなってしまうということから午前中の作業が理想とされています。

散布を行うにあたり3人1組でチームを組みます。ドローンを操縦するオペレーター、田んぼの端でここまで散布してくださいと合図をするナビゲーター、農薬を準備したりバッテリーなどの管理をする管理者の3人がそれぞれの役割があります。そのチームで午前中に約30ha(東京ドーム約6個分の面積)をほぼ毎日散布して周っていました。人力で背負い散布機でしようと思うと大体10aあたり30分くらいはかかると言われています。100a=1haなのでとんでも無く時間は掛かりますし、何より体力が持ちません。それを午前中で終わらせれるのがドローンによる農薬散布です!!

基本的に散布を行う農作物は「稲」になります。そのほかにも、「とうもろこし」、「かぼちゃ」を今回は散布してきました。それぞれに登録されている薬があるのでそれを農家さんにご用意いただき、散布のみを請負させていただきました。各農家さんによって使われる薬は違うのでその都度タンクの中身を清掃しての散布となります。

今回は北海道での散布でしたが、来季は本州でも散布ができるように準備を整えて農家の皆様のお力になれるように努力して参りますので宜しくお願い致します。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事